Work

【転職知識】ウェブデザイナーとプログラマーの違いを知ろう

2020年1月6日

悩み
未経験で、転職したいけど、ウェブデザイナーとプログラマーの違いを知らない

どうも、トレンディです。

40代になってから独立しフリーランスデザイナー&ブロガーとして生きています。

本記事では、将来、IT関係、ウェブ業界で働きたいけど、ウェブ系の仕事ってたくさんあって何を目指したら良いのかわからない。。といった人向けに記事を書いていきます。

IT人材不足は現在も続いている為、どちらの職業も脚光を浴びている

参考

経済産業省のデータによるとIT人材の供給に対して、下記の人材不足が試算されています。

2020年 30万人
2025年 36万人
2030年 45万人

以上のことからWeb系人材は、将来性があるといえます。

一言でIT系・Web系といっても職種はたくさんありますが、ウェブデザイナーとプログラマーに絞って解説していきます。

【2021年】ウェブデザイナーとプログラマーの求人市場比較

どのくらいの需要があるかについて調べると下記の結果になりました。

ウェブデザイン系求人数

マイナビ転職 108件
マイナビクリエイター 133件
doda 361件
Green 1,483件
indeed 44,965件
レバテック 43件(コーダー案件:18件)
エン転職 116件
リクナビNEXT 213件

※各2020年1月7日の検索結果です。※ウェブ系デザイン全般を含みます。

Web系プログラマー求人数

マイナビ転職 926件
マイナビクリエイター 72件
doda 2,372件
Green 349件
indeed 28,355件
レバテック 1,282件(未経験:332件)
エン転職 100件
リクナビNEXT 205件

※各2020年1月7日の検索結果です。※Web系、汎用系、オープン系、アプリケーション開発系、ゲーム系も含みます。

ウェブデザイナーやWeb系プログラマーとしての転職

例えば、ウェブデザイナーを広義(広い意味)で見ると、こんなにも職種は細分化されています。

  • UI/UXデザイナー
  • アクセス・統計解析
  • ライティングスキル
  • ウェブショップ・EC通販サイト
  • SEO
  • ディレクション・企画
  • フロントエンドエンジニア
  • マークアップエンジニア・コーダー
  • マーケッター

一見、無関係のような職種もデザインが関係します。

組織が大きな会社だと、業務が細分化され役割分担でチームで動くことになりますが、スタートアップなどのベンチャー企業ではほぼ全ての知識を求められることがあります。

ウェブデザイナーに必要な知識

  1. CSS
  2. HTML
  3. PHP
  4. Javascript(jQuery)
  5. Photoshop(画像編集)
  6. illustrator(図形イラスト)
  7. Dreamweaver(コーディング)
  8. Bootstrap(フレームワーク)
  9. Premiere Pro(動画編集)
  10. マーケティング知識他...

近年、ウェブデザイナーには様々なスキルや知識が求められるようになりました。

ええー(汗)こんなに覚えることがあるの!?

と思いますよね。僕も不安でしたが1つずつマスターしていけば問題ありません!

まめ知識

スマートフォンが普及する前は、HTMLとちょっとした画像編集ができればデザイナーの需要がありましたが、スマートフォンの普及後は、CSSやJavascript(jQuery)、PHPなど幅広い知識が求められる時代になっています。

ウェブデザイナーは、下記に関係するプログラミング言語もマスターすると仕事の幅は、広がります。

ポイント

ユーザーが目にするフロントエンドエンジニアの知識(クライアントサイド)
システムエンジニアの設計書をもtにWebのシステムを開発する知識(サーバーサイド)

どちらも出来るに越したことはありませんが、ちょっとハードルが高すぎるので、どんなことが出来るかくらいは理解しておくようにしましょう(理解してないと仕事でつまづくことが多々あります)

自分に付加価値をつける

その他、パンフレットやロゴなどの制作、Webマーケティングの知識があると付加価値が生まれ市場価値は高くなります。

ポイント

さらに営業スキルやコミュニケーション力があると転職は成功しやすくなります。

これはクライアント(取引先)や社内でチームで仕事をするときには、必ずコミュニケーションが必要になるからです。

ただ話せるというよりはロジカルな話ができるかです。

提案や相互理解をしながら仕事を進めるスキルは、学んだり、仕事の精度を高めたり、ミスを防ぐことにもつながります。

営業から未経験で入社し、制作に異動する人もいます。

色々と書いてしまいましたが、HTML、CSS、Photoshopができれば、広告代理店やEC通販(ショッピングサイト)の会社に未経験でも転職できる可能性はあります。

Web系プログラマーに必要な知識

  1. PHP
  2. Ruby
  3. Python
  4. JavaScript他...

Web系プログラマーは、目的別で1つずつプログラミング言語を習得していくと良いかと思います。

前述した、フロントエンドエンジニアの知識やコミュニケーション力(ロジカルな)、セキュリティや情報技術の知識もあると会社でもフリーランスでも重宝されます。

ウェブデザイナーとWeb系プログラマーの仕事内容

それぞれの仕事内容について知っておきましょう。

ウェブデザイナーの制作領域(できること)

  • ホームページ
  • ランディングページ
  • バナーなど広告クリエイティブ
  • SNS
  • Webサービス
  • ECサイト(ショッピングサイト)
  • webアプリケーション他

Web系プログラマーの制作領域(できること)

  • Webサービス
  • ECサイト(ショッピングサイト)
  • webアプリケーション

こうしてみるとWeb系プログラマーのほうがウェブデザイナーよりも覚えることが少ないと思う人もいるかもしれませんが、どちらもできるスーパーエンジニアの方もいます。

この領域は理想ですが、何年もかけて日々努力していく必要があります。

ウェブデザイナーに向いている人

  • とにかく作ることが好きな人
  • ビジネスやマーケティング視点で制作が出来る人
  • 向上心がある人

Web系プログラマーに向いている人

  • ロジカルに物事を考えられる人
  • 設計が好きな人
  • Webサービスを作りたい人

 

まとめ

僕の場合は、ウェブデザイナーから始めました。

理由は、作るものが好きなのと広告に興味があったからです。

Web系プログラマーは、初めから年収が高めですが、当時の僕には難易度が高いと思って選択肢に入れていませんでした。

ポイント

最近では、プログラミングの学習サービスやスクールも充実しているので、短期間で現場に通用する初歩的なスキルは身に付けられます(さらに専門性を身に付ける場合は別として)。

以上、参考になれば幸いです。

関連記事
【35歳からでも遅くない?】ウェブデザイナーやプログラマーを目指す30代未経験の転職

続きを見る

 

-Work

© 2021 trendy8|blog