PR 仕事の悩み

30代の未経験からWebデザイナー・通販LPデザイナーになる方法【転職の成功事例付き】

悩み
悩み
30代未経験でWebデザイナーや通販LPデザイナーになれる?

どうも、トレンディです。

今回はこんな悩みについて、知見や経験をもとに記事を書いていきます。

 

結論からすると、30代未経験でもWebデザイナー・LPデザイナーになる方法はあります。

 

30代未経験からWebデザイナー・通販LPデザイナーになる方法を初心者向けに解説しています。私自身が35歳で転職を成功させた方法・転職サイトやデザインスクールのブログでは紹介されていない情報をお届けします。

 

本記事の概要

  • 35歳で転職を成功させた方法
  • 30代未経験からWebデザイナーになる方法
  • Webデザイナーに必要なスキル

本記事の信頼性


ブログ運営をしているトレンディです

  • 職業:フリーランスブロガー・Webデザイナー
  • 経歴:Web業界10年目・30代未経験で異業種への転職成功(広告代理店・通販会社経験)
  • 実績:会社員時代に複数のSEOメディアを立ち上げ・運営(月間30万PV以上)・収益化

X(Twitter):トレンディ

話題の副業

今大注目されている「通販LPデザイナー」

通販デザインは高単価です。「副業を探している主婦さん」「売上が伸び悩んでいるWebデザイナーさん」に大人気。

通販デザインを自宅にいても学べる学習教材が話題になっています。

パソコン1台あればOK。デザインゼロ知識からでも始められる「通販LPの作り方」を知りたい方は必見です。

気になる方は、下記のページを読んでみてください。

参考30代の未経験からWebデザイナー・通販LPデザイナーになる方法【転職の成功事例付き】

 

本記事を最後まで読んでいただくことで、Webデザイナー・LPデザイナーを目指せます。今まで「年齢・経歴」で悩んでいた方もぜひ今後の転職活動に役立ててください!

トレンディ
トレンディ
私自身が35歳未経験でWebデザイナーになれたので信頼性は高いです。個人ブログだからこそ得られる情報があります。

有益な情報もありますので、いつでも見返せるようにブックマークをしておきましょう。

30代未経験からWeb業界への転職は難しい?

一般的に「30代未経験で異業種へ転職」するのは、とても難しいです。

たとえば、異業種でも関連する知識・経験・スキルがある人は、転職できる可能性は高くなりますが「自分の強みとなるスキルが何もない人」は、かなり厳しい状況に追い込まれるでしょう。

 

ただ、Web業界に関しては30代未経験でもまだまだ転職できるチャンスはあります。

 

現に私は30代未経験からWeb業界に転職し、現在でもデザイナーとしてWeb業界に関わる仕事をしています。

 

20代のころは職を転々とし、誇れる実績・職歴・資格・スキル・学歴もない状況でした。転職回数は12回もあります。

 

そして、

30歳~34歳の転職活動では、希望の職種に50社ほど応募しましたがすべて結果は不採用。

 

書類選考が通らないのは当たり前。

 

面接まで進んでも、履歴書の年齢と経歴を見ただけで面接官は渋い表情してました。

派遣会社にも登録しましたが、正直厳しいの一言でした。

 

マジで絶望しました。

 

それでも諦めずに「手に職をつけたい」と考え転職活動を続けた結果、

やっと1社だけインターネット広告代理店の採用が決まりました。

 

その後、30代後半で2回の転職に成功しています。

 

こんな私でも転職ができたくらいなので「30代未経験からWeb業界への転職」は、まだまだ可能だと思います。

 

フリーランスになってから、取引先の人事担当者、経営者の方々と打ち合わせをすることもありますが「30代でも条件がそろっていれば採用する」という企業はたくさんあります。

私自身が35歳で転職を成功させた方法

まず私が35歳でWebデザイナーとして転職を成功させた経緯をざっくり紹介します。

20歳~34歳までいろんな仕事を転々。うち2年はほぼニート。

34歳:インターネット広告代理店「新規事業の営業職」として入社

35歳:Webデザイナー(ウェブ広告の制作担当)として転職に成功

38歳:通販LPデザイナー(兼通販サイト管理者)として転職に成功

いかがですか?

34歳までの経歴を見るとかなりヤバいやつですよね。

 

30歳~34歳の期間は、50社ほどの面接に応募したもののすべて不採用通知を頂いています。

 

それでは、こんなポンコツ男が「なぜWebデザイナー」になれたのか。その方法を紹介いたします。

30代未経験からWebデザイナーになる3つの方法

30代未経験でWebデザイナーに転職する方法は、次の3つです。

  1. 他部署の求人募集を狙う
  2. デザインスクール経由で転職する
  3. 副業の実績から転職する

順番に解説していきます。

他部署の求人募集を狙う

これは私が使った方法です。

現実的に、30代未経験でWebデザイナーとして採用する企業は、ほぼありません。Webデザイナーも人手不足とはいえ、中途採用では「即戦力」を求められるからです。

 

なので、Webデザイナーがいる企業・Web制作部門のある企業の他部署の求人」に応募するのです。

 

たとえば、インターネット広告代理店・マーケティング会社・EC通販会社・Webサービス会社があります。

とくに、次の職種は人手不足なので30代でも面接に受かりやすいです。

  • 営業
  • 営業事務
  • 通販サイト運営スタッフ

 

私の場合は、

いきなりWebデザイナー志望ではなく、「営業職」として入社

したのです。

トレンディ
トレンディ
もともと人見知り・口下手な私は、コミュニケーション力を鍛える目的もあり営業職からスタートしました。

 

それから、正社員として働きながら平日の仕事が終わったあと、休日は独学でWebデザインを学び、Web業界の人脈をコツコツと作っていきました。

同僚、上司、取引先の方との雑談で「本当はWebデザイナーになりたかったんですよー」とアピールもしていきました。

すると、「Webデザイナーになれる」機会が次々と現れます。

「Webデザイナーに興味があるんだったら、挑戦してみる?」「これだけ作れるならうちで仕事してみる?」と声がかかるようになってきます。

 

この状態になると、「Webデザイナーの転職」「社内でWeb制作部署への異動」は簡単です。

 

このように、いきなりWebデザイナーとして求人に応募するよりも「他部署の求人」に応募すると「Webデザイナーへの道」がひらけることもあります。

トレンディ
トレンディ
いきなり正社員を目指さなくても、大手企業のアルバイト・契約社員からでもWebデザイナーを目指すことはできます。

デザインスクール経由で転職する

デザインスクール経由で転職する方法もあります。

転職先を紹介してもらえるデザインスクールに通うと、未経験でも転職が有利になります。

学習費用はかかりますが、Webデザイナーとして転職できるメリットは大きいです。

副業の実績から転職する

30代未経験でいきなり正社員のWebデザイナーを目指すのは、難しいこともあります。

なぜなら、多くの企業は「即戦力」を求めているからです。

タイミング的にすぐの転職が厳しければ、「副業の実績」からWebデザイナーへ転職する方法もあります。

たとえば、ココナラ・クラウドワークス・ランサーズなどのクラウドソーシングサービスを使ってデザイン実績を作ります。

すると実績がそのままポートフォリオになるので、未経験でも求人面接で実力を証明できます。ポートフォリオの内容を採用担当者が見れば、大体のレベルはわかります。

副業でも実績があれば、スキルを認められることもあります。

実際に副業でWebデザインの実績を作ってから、30代未経験でWebデザイナーへ転職した人もいます。

副業OKの会社であれば、今の仕事を続けながらクラウドソーシングでの実績を積み上げておくのもアリです。

Webデザイナーに必要なスキル

 

Webデザイナーに必要なスキルは、次の3つです。

  1. デザインの知識
  2. コーディング・プログラミングのスキル
  3. デザインツールの操作

それでは順番に解説していきます。

デザインの知識

「デザイン知識」は、Webデザイナーに欠かせません。

どんなに見栄えが良いWebサイト・Webサービスなどを作れても、クライアントからの要望に応えられるデザイン、数字の出せるデザインを作れなければ評価されない世界です。

そのため、未経験であれば「デザインの基礎」を身につけておく必要があります。

 

必ずしも専門学校や美術大学を出ている必要はありませんが、独学やスクール、本などで「デザインの基礎知識」を日頃から学んでおきましょう。

コーディング・プログラミングのスキル

Webデザイナーは、HTML5やCSSなどのマークアップ言語・プログラミング言語を使ってWebサイトを作成していきます。

未経験なら簡単なHTML5・CSSを記述できるレベル、プログラミング言語は最低でも解読・カスタマイズできるレベルのスキルが必要です。

下記の3つのスキルがあれば、即戦力として企業に採用されやすいです。

  • HTML5
  • CSS
  • Jquery(Javascript)

上記のスキルは、3ヵ月~6カ月あれば基礎を身につけることができます。

その他、追加でJavascript・PHPのプログラミング言語を使えれば、転職にかなり有利です。

 

トレンディ
トレンディ
最近では、Webデザイナーでもウェブ系エンジニア(プログラマー)の知識を求められることもあるので志望する会社や業種に合わせて必要なものから学んでいくことが大事です。

 

デザインツールの操作

Webデザイナーは、様々なデザインツールを操作してデザインを作っていきます。

最近では、数多くのデザインツールが登場しているので迷ってしまう方も多いかと思いますが、定番を押さえておけばOKです。

代表的なデザインツールは、次の4つです。

  • Adobe Photoshop(アドビ フォトショップ):画像の加工や合成
  • Adobe illustrator(アドビ イラストレーター):イラストやロゴ作成
  • Adobe Dreamweaver(アドビ ドリームウィーバー):HTML5やCSSのコーディング
  • Adobe XD(アドビ エックスディー):デザイン設計

 

中でも、Adobe Photoshop(アドビ フォトショップ)、Adobe illustrator(アドビ イラストレーター)の2つは、Webデザイナーのスキルとして必須です。

最低でも基本操作だけは、身につけておきましょう。

トレンディ
トレンディ
バナーやLPを作る仕事ならPhotoshopを使えると、即戦力としてアピールしやすいです。

Webデザインのスキルを身につける方法

30代未経験でWebデザインのスキルを身につける方法は、2つあります。

  1. 独学
  2. スクール

順番に解説していきます。

独学

Webデザイナーは、独学でも目指せます。

今の時代は本、動画教材、教材アプリなどからもWebデザインを学べます。

さまざま情報や学習法があるので、独学でWebデザイナーになる人もいます。

ただ、「Webデザイン」の独学は、次のデメリットがあります。

  • 挫折しやすい
  • 教材選びに迷う(良い教材を自分で判断できない)
  • 時間がかかる

自分に合った適切な教材を見つけるのに、調べるだけでもかなりの時間がかかります。

そのため、まだ「良い教材が見つかっていない」人に独学はおすすめできません。

スクール

30代でWebデザインを学ぶなら、スクールに通うのも1つの方法です。

Webデザインスクールに通うメリットは、多いです。

  • スケジュールに沿って学習を進められる
  • モチベーションを維持できる
  • わからないことをプロへ質問できる
  • デザイナー仲間ができる(人脈ができる)
  • 転職相談にも乗ってもらえる

 

このようにスクールに通えば、Webデザイナーになるためのスキルを「効率的に」身につけることができます。

トレンディ
トレンディ
私は独学からWebデザインを学びましたが、途中からスクールにも通いました。

30代未経験でWebデザイナーを目指すなら、スクールに通うのも1つの方法です。

30代の転職者に求められるデザイン以外のスキル

30代未経験でWebデザイナーを目指すなら、デザイン以外のスキルもあると転職に有利です。

20代とは違い、次のスキルがあるとデザイン以外でも評価されやすいです。

  1. マーケティングスキル
  2. マネジメントスキル
  3. コミュニケーションスキル

これから解説することは、入社後も求められることなので、経験や知識がない場合は事前に学習しておくと、面接にも自信を持って臨めると思います。

それでは、順番に解説していきます。

マーケティングスキル

最近のWebデザイナーには、マーケティングスキルも求められます。

マーケティングとは、「商品・サービスが売れる仕組み」のことです。

Webデザインは「売れるためのデザインセンス」が求められます。そのため、マーケティングの知識があるとデザインに反映させることができます。

たとえば、広告のデザインをする際、「どんな人たちに向けて訴求するのか」「ターゲット層の人たちはどんなデザインを好むのか」などを考える時に、マーケティングの知識が必要です。

マーケティングは、Webサイトや本、スクールでも学べます。

無料のものでも基礎的な知識は十分身に付きますし、スマホがあれば通勤中でも学ぶことができます。

Webマーケティングの知識は、ディレクターだけでなくWebデザイナーにも求められる時代なので身に付けておく必要があります。

Webデザイナーを目指すなら「マーケティングの知識」もあると有利です。

参考Web業界未経験者のためのマーケティング勉強法とメディアまとめ【初心者~上級者向け別に紹介】

マネジメントスキル

30代のWebデザイナーには、マネジメントスキルも求められます。

会社によりますがデザインができるだけでなく、複数のWebデザイナーをまとめる力、目標に向けてチームを導く力も必要です。

特に小規模のベンチャー企業などは、将来的に事業を拡大し人材を増やしていく必要があるためマネジメントスキルがあるかも評価します。

中にはマネジメントとディレクションの両方を任される会社もあります。

 

マネジメントは、ディレクションと混同する人もいますが次の違いがあります。

  • マネジメント:会社の経営資源(ヒト・モノ・カネ・情報)を活用して目標を達成させる仕事
  • ディレクション:案件の進行を監督する仕事

 

Webデザイナーは、経験を重ねるにつれて「数字」も求められるので、マネジメントスキルも必要です。

30代未経験からWebデザイナーを目指すなら「管理職経験」があると有利です。

コミュニケーションスキル

最近のWebデザイナーは、コミュニケーションスキルも求められます。

コミュニケーションは、取引先とのミーティング、部署間の連携、上司への報告、チームワーク、ディレクション、マネジメントにも必要なスキルです。

時には営業活動も指示されることがあるので、コミュニケーションスキルがあると企業から重宝されます。

コミュニケーションができると、人間関係も円滑になります。

30代未経験からWebデザイナーを目指すなら「コミュニケーション力が高い」と有利です。

30代未経験でWebデザイナーへ転職するコツ

30代未経験でWebデザイナーへ転職するコツを3つ紹介します。

  1. ポートフォリオの作成
  2. 転職エージェントを使う
  3. 正社員以外の求人にも応募する

順番に解説していきます。

ポートフォリオの作成

Webデザイナーの求人は、ポートフォリオの提出が必ず必要です。

ポートフォリオとは、自分の作品や実績をまとめた資料のことです。自分のデザインを人に見せるために使います。

無資格、未経験だと「スキルを証明できるもの」がないので自分で制作したものを用意する必要があります。

たとえば、スクールの課題で作った成果物、練習で作ったWebサイト、バナー、LP、架空のウェブサービスなどをポートフォリオとして求人応募した企業へ提出します。

企業の採用担当者は、ポートフォリオを見てWebデザインのスキルがあるかどうかを判断しています。

また会社によってはポートフォリオ以外にWebデザイン制作の課題を与えられて、基準をクリアしていれば内定をもらえることもあります。

Webデザイナーを目指すなら、自分のデザインを見せるためにポートフォリオを作成しておきましょう。

トレンディ
トレンディ
自信のあるものだけポートフォリオの載せるのがコツです。

転職エージェントを使う

Webデザイナーとして転職するなら、転職エージェントで求人を見つけるのもおすすめです。

一般的な転職サイトとは違い、無料で専任のアドバイザーがついてくれるので、転職をサポートしてもらえます。

転職エージェントを利用すると、次のメリットがあります。

  • 非公開の求人を紹介してもらえる
  • 年収・雇用条件を企業と交渉してもらえる
  • 手続きを代行してもらえる

また、転職エージェントによって、扱う求人も異なるので複数登録しておくといろんな求人情報を知れて便利です。

転職サイトだけでWebデザイナーの求人を見つけるのは不安という方は、転職エージェントも活用しましょう。

正社員以外の求人にも応募する

Webデザイナーは、企業から「即戦力」を求められます。

もし正社員としての転職が厳しければ、正社員以外でWebデザイナーになる方法もありです。

たとえば、アルバイトや契約社員の求人であれば、採用のハードルが下がります。

正社員以外で働くと、次のメリットもあります。

  • 実務の流れがわかる
  • 現場の雰囲気を知れる
  • 現場での経験を積める
  • 信用ができれば正社員になれることもある
  • 人脈ができる

以上のように「実務経験の実績」をつくってから正社員を目指すと、自分の希望に近い企業へ転職しやすくなります。

 

30代未経験でWebデザイナーになるには、「正社員以外の求人に応募する」方法もあることを視野に入れておきましょう。

通販LPデザイナーになる方法

Webデザイナーにもいろいろな仕事がありますが「通販LPデザイナー」は、30代未経験でもなりやすい職種です。

トレンディ
トレンディ
LP(Landing page)とはランディングページの略。「商品・サービスを売る専用ページ」のことです。

その理由は、業界未経験でも

  • Photoshopで画像デザインができればOK(バナー作成レベル)
  • HTMLとCSSの基礎があればOK

を採用基準にしている企業があるからです。

デザイナーを募集する会社にもよりますが、一般的なWebデザイナーの求人よりも採用ハードルが低めです。

いきなりWebデザイナーを目指すと、他にも多くのスキルが必要ですが、通販LPデザイナーは、少ないスキルでも仕事があります。

通販LPデザイナーになるには、次の2つの方法があります。

転職する

人手不足の業界は、転職に成功する確率が高くなります。

通販業界の市場は、右肩上がりに伸びており常に人手不足が続いています。Webデザイナーの人材も不足しています。

そのため、基礎知識があれば30代未経験でも採用されるチャンスがあります。

「通販LPデザイナー」になると、実務の仕事をしながら「Webデザイン」の知識を増やしスキルを身につけていけます。

Webデザイナーを目指すなら「通販LPデザイナー」から目指すと転職しやすいです。

フリーランスになる

通販LPデザイナーは、フリーランスからでもなれます。

実際に、社会人OLや主婦でもデザイン未経験から通販LPデザインを学び、フリーランスとして活躍しています。

トレンディ
トレンディ
未経験から1年ほどの学習で月収20万以上稼ぐ主婦もいるので、副業としても人気です。

最近は、LPの作り方を教えるデザインスクール・サロンなども増えてきたため、30代未経験でいきなりフリーランスの通販LPデザイナーになる人も出てきています。

なぜなら、通販LPは高単価案件が多いからです。

通販向けのランディングページ(LP)は、1本10万~25万ほどが相場です。2、3年の経験を積めば月に50万以上を売り上げるフリーランスのデザイナーもいます。

通販LPデザイナーはクラウドソーシングなどを使って、ポートフォリオが企業に認められれば、仕事になります。

このように転職を選ばず、フリーランスとして通販LPデザイナーになる選択肢もあります。

 

通販LPデザイナーは、小資本でもはじめられるネット副業です。

デザイン未経験でも収益化しやすく、パソコンとインターネット環境があれば始められるので、社会人OLや主婦に大人気。

通販LPデザインは、1件あたりの案件単価が10万~25万と高く、1発の収益が大きいのが特徴。

画像メインのランディングページ(LP)を作るだけなので、Webデザイナーのような難しい知識もいらず、短期間で月収10万、1年~2年ほどの経験で月収50万以上も目指せます。

通販市場は、年々右肩上がりに成長しているので、まったくの業界未経験、初心者でも挑戦しやすい副業です。

トレンディ
トレンディ
私もブログ運営とは別に、通販LPで月50万以上の収益を毎月得ています。

通販LPデザイナーの稼げる目安と基準

 

通販LPデザイナーに必要なスキル

  • 学習目安:最短1年
  • 学習方法:通販LPのサンプル作成
  • 学習ソフト:Photoshopスキル・illustratorスキル(※はじめはPhotoshopのみでもOK)
  • 営業スキル(営業の自動化):ネット集客がメイン・教材からでも学べる

 

気になる点

美容系の通販LPは、あまりの人気で飽和状態になっています。

ただ、美容系の通販LPをつくることができれば、応用として物販、占い、インフォ系のLPもかんたんに作れるようになります。

学習方法は、キナリさんという女性の通販LPデザイナーの教材がガチでおすすめ。

 

「週3日で50万」という魅力的なキャッチフレーズを使っていますが、怪しくもなく安心安全で、現実的な収益をアピールしています。

トレンディ
トレンディ
せんえつながら同じ通販LPデザイナーとして評価しても、嘘偽りなく信用できる教材です。

 

通販LPデザイナーになるまでの学習時間の目安・具体的な作成方法・デザイナーの営業方法まで、初心者向けにていねいに解説されている神教材。

通販LPデザイナーとして月収100万前後をコンスタントに稼げるようになるにはガチで学んでおきたい情報が詰まってます。

プロ目線で見ても、完成度が高く、再現性の高い教材になっています。これから通販LPデザイナーを目指すなら一押しです。

最近は、キナリさんのほか「あお」さんの教材も人気です。「通販LPデザインの作り方」を指南する2大巨頭のお二方といっても過言ではありません。

気になる方は、下記のページを読んでみてください。

30代未経験でWebデザイナーへ転職する前に確認しておくこと

30代未経験でWebデザイナーへの転職を考えている人は、後先を考えずに勢いだけで転職をすると後悔します。

そのため、次のことを転職前に必ず確認しておきましょう

  1. 今より年収は上がる?下がる?
  2. Web業界は若い人が多い
  3. 専門知識の学習を続けられる?

順番に解説していきます。

今より年収は上がる?下がる?

30代未経験からWebデザイナーになると、年収が下がる可能性が高いです。

たとえば、未経験でWebデザイナーで転職した場合、年収は300万前後が一般的です。

年収を上げるには、売上の実績をつくったり管理職になる必要があります。

「年収」が気になる人は、今の自分の状況転職後の自分の状況を十分に比較してからWebデザイナーになることを検討しましょう。

Web業界は若い人が多い

Web業界は、20代・30代の若い人たちが多く働いています。

そのため、年下の上司やリーダーのもとで働く可能性があることも想定しておきましょう。

たとえば、年下から指示や指摘を受けたり、理不尽なことを言われることだってあります。

年上としてのプライドが高すぎると、人間関係で悩みストレスがたまってしまいます。

Web業界は、年下に対しても素直でがやっていける世界です。

専門知識の学習を続けられる?

Webデザイナーは、専門知識を学び続けなければなりません。

Web業界の技術は、日進月歩で進化しています。トレンドの移り変わりも激しいです。

そのため現状のスキルだけに満足していると、通用しなくなる世界です。1年も経てば、大きく環境が変わり新しい技術やトレンドが必要になることもあります。

その中で、Webデザイナーは常に最新の情報にアンテナを張り、必要なものを自分のスキルとして取り入れていく学習努力が必要です。

まとめ

30代未経験でもWebデザイナーになれる方法はあります。

私は「年齢」「経歴」からWebデザイナーになることを諦めかけたことがありましたが、まず自分の可能性を信じて「行動することが大事」です。実際に転職もできました。

そして最後に必要なのは「熱意」です。30代までは、あきらめない気持ちがあれば、年齢なんて関係ないです。

本気でWebデザイナーを目指したい人は、スクールを検討してみたり、転職サイト、転職エージェントに登録して行動してみることから始めてみましょう。

 

繰り返しますが、通販LPデザイナーとして毎月コンスタントに100万前後を稼ぎたい・目指したい方は、「キナリさん」「あおさん」の教材で学習しましょう。

気になる方は、下記のページを読んでみてください。

 

Web業界の転職に強い転職サイト・エージェント


転職のリクルートエージェント|求人数、転職支援実績、顧客満足度No.1
≫転職業界の大手エージェント。求人数も多く転職サポートも充実しているので登録しておきましょう。

【転職会議】企業の口コミ・評判・求人が豊富な転職サイト
≫実際に在籍した人たちの口コミを確認できるので、企業とのミスマッチを防ぐための情報が豊富です。

ITエンジニア・Webデザイナー向け転職エージェント

  • レバテックキャリア
    ※ITエンジニア経験者専門・5,000件以上が600万円以上のハイクラス求人
  • ツナグバ
    ※20代に特化した転職サポート・最短1-2週間のスピード内定も可能!
  • 就職Shop
    ※リクルートが運営する既卒・フリーター向けの就職相談・求人紹介サービス

フリーランス向け案件情報

  • この記事を書いた人
プロフィールアバター

トレンディ

Web業界10年目・40代になってから独立しフリーランスデザイナー&ブロガーとして生きています。何度も挫折しながらブログを続けているWebデザイナーです。新たな気づき・反省点をメインに共有していきます。会社員時代に30万PVを超えるメディアを運営していましたが、今は当時のSEO手法は通じません。人生は山あり谷ありです。ブログも良いことよりつらいことのほうが多い。 だからこそ、楽しみながら続ける工夫が大事。

-仕事の悩み