DESIGN

Windows|圧縮フォルダーは無効であるか、または壊れています・zip形式ファイルにできない場合の対処法

悩み
Windowsで突然、zipファイルに変換できなくなった。いったいどうして?

今回は、こんな悩みについて解決していきます。

 

本記事は、WindowsのOSパソコンを使っている方が対象の記事です。

 

私の場合は、次の方法ですぐに解決できました。

圧縮したいデータを別の階層に移動して、zipファイルへの変換を再試行した。

 

この記事では次のことがわかります。

本記事の概要

  • 「圧縮(zip形式)フォルダーは無効であるか、または壊れています」のエラー内容とは
  • データをzipファイル化できない原因
  • 解決法
  • まとめ

 

「圧縮(zip形式)フォルダーは無効であるか、または壊れています」のエラー内容とは

WindowsのOSが搭載されたパソコンでは、次の手順で圧縮フォルダーを作成することができます。

フォルダ上で右クリック>ZIPファイルに圧縮する(送る>圧縮(zip形式)フォルダー)

 

しかし、

パソコンの環境によっては、突然、次のエラーが表示されフォルダを圧縮できなくなることがあります。

「圧縮(zip形式)フォルダーは無効であるか、または壊れています」

上記の表示が出ると、

フォルダをzipファイル形式に圧縮することができなくなります。

 

エラー文の内容をそのまま解釈すると、無効とか壊れていると表示されるので、

一瞬あせりますが大丈夫です。

いったん、冷静に対処してみましょう。

 

データをzipファイル化できない原因

マイクロソフトのサポートサイトの説明では、圧縮フォルダが2GBを超えてしまうとファイルが破損すると書かれています。

しかし、今回、私が実際に送るフォルダの容量を調べてみると、200MB程度。

つまり、エラー文の原因には該当しませんでした。

 

2GB以上があるファイルってかなり容量が大きいです。

 

私の場合、Photoshopやillustratorのデザインデータや動画などをクライアントへ送ることが多いのですが、2GBを超えることはほぼありません。

もし、容量が多い場合は、2,3のフォルダに分けてZIPファルダを作成しています。

いったい、原因は何なのか?

考えられることはいくつかあります。

 

解決法

データをzip形式のフォルダに変換するには、次の方法があります。

  1. 上の階層へデータを移動してから圧縮を試してみる
  2. ドライブの空き容量を確保する

 

上から順番に試すのが効率が良いです。

上の階層へデータを移動してから圧縮を試してみる

圧縮したいフォルダを1つ上の階層またはデスクトップ上にコピー&ペーストして移動します。

 

その後、

フォルダ上で右クリック>ZIPファイルに圧縮する(送る>圧縮(zip形式)フォルダー)

をもう1度、試します。

 

私の場合、問題なく圧縮できました。

おそらく、この方法でほとんどの方が解決されるのではないかと考えます。

 

具体的な理由は、未解決のままですが、

フォルダ内に多くのデータがある場合、エクスプローラー自体が重くなってエラーが出るのではないかと考えています。

エクスプローラーでたくさんのファイルデータを管理していたり、タブをいくつも開いたままにしておくとWindowsのOSの動作が鈍くなることが多々あるからです。

 

ドライブの空き容量を確保する

この方法は、データを別の場所に移動しても解決できなかった場合に、有効かもしれません。

 

マイクロソフトのサポートやコミュニティ、対処法のサイトを調べてみると、「容量不足の問題」が原因と書かれていることがあります。

この場合、ディスククリーンアップをしてディスク容量を確保する方法があります。

一時ファイルなどの不要なデータを削除してから、空き容量をつくって、圧縮を試します。

 

ディスククリーンアップの項目には、かえってディスクにダメージを与えてしまう内容もありますので、十分に調べてから自己責任で実行しましょう。

 

まとめ

ある日、突然、フォルダの圧縮ができなくなることはたまにあります。

とにかく急ぎの案件だと焦りがちです。

その時は、深呼吸をして焦らず、いったんフォルダを別の階層(場所)に移動してから圧縮を試してみましょう。

意外とすぐに解決するかもしれません。

 

-DESIGN